VORTEXTRACKERII README JP

From MSX MUSIC WIKI
Jump to: navigation, search

Vortex Tracker II readme

Vortex Tracker II v1.0 beta 19 (c)2000-2009 S.V.Bulba Author Sergey Bulba E-mail: vorobey@mail.khstu.ru Support page: http://bulba.untergrund.net/

歴史


Vortex Tracker IIのアイデアは、Vortex Trackerに基づいています。私とRoman Scherbakovは2000年夏にVortex Trackerプロジェクトを開始しましたが、作業は2000年秋に終了しませんでした。 2002年8月に、新しい名前のVortex Tracker IIを使用して単独で作業を再開することにしました。

それは何ですか?


Vortex Tracker IIは、AY-3-8910、AY-3-8912、またはYM2149Fサウンドチップの音楽を作成および編集するための完全な音楽エディターです。サウンド出力は、標準のWindowsデジタルサウンドデバイスを介したサウンドチップエミュレーションによって実現されるため、実際のサウンド チップは必要ありません。 Vortex Tracker IIは標準のWin32関数を使用し、 追加のライブラリを必要としません。

Vortex Tracker IIは、次のタイプのZX Spectrum音楽ファイル(モジュール)をインポートできます。

1) Pro Tracker 3.xx (file mask is *.pt3); 2) Pro Tracker 2.xx (*.pt2); 3) Pro Tracker 1.xx (*.pt1); 4) Flash Tracker (*.fls); 5) Fast Tracker (*.ftc); 6) Global Tracker 1.x (*.gtr); 7) Pro Sound Creator 1.xx (*.psc); 8) compiled  Pro Sound Maker modules (*.psm); 9) compiled ASC Sound Master modules (*.asc); 10) compiled Sound Tracker and Super Sonic modules (*.stc); 11) compiled Sound Tracker Pro modules (*.stp); 12) compiled SQ-Tracker modules (*.sqt); 13) Amadeus (Fuxoft AY Language) modules (*.fxm, *.ay).

VT IIはファイル名拡張子(マスク)によってのみモジュールタイプを検出し、追加のチェックは実行されません。これらの拡張機能は、Ay_Emulと呼ばれる有名なプレーヤーで使用されます。その他の拡張子はテキストファイルとして分析されます。 TSモードで保存されたPT v3.7 +モジュールは、VT IIでもインポートでき、2つのウィンドウで2つの単一のPT3に変換されます。文書化されていない以前のPT v3.6 TSモジュールは、ユーザーのプロンプト後にインポートされます。 任意の2つのトラッカーモジュール(FXMを除く)は、ファイルの最後に16バイトの識別子を持つ1つのファイルに保存できます。テキスト形式の識別子は必要ありません。そのようなペアをロードした後、VT IIはターボサウンドモードをオンにし、両方のウィンドウを水平に並べます。 Vortex Tracker IIは、結果をPro Tracker 3.xx(* .pt3)の1つの形式でのみ保存します。 これらのファイルは、さまざまなプレーヤーエミュレーター(最もよく知られているWin32エミュレーターAy_Emul)、多くのプレーヤー(リトルビューアー、クイックコマンダー、リアルコマンダー、ベストビュー、プッシャー、ZXAmpなど)の実際のZX Spectrumで再生できます。演奏中。また、YMサウンドをPCプログラムに含めることができます (http://bulba.untergrund.net/のAy_Emulソース、YM-Engine、またはSquareToneを参照してください)。


編集中に、モジュールの作業バージョンをテキスト形式で保存できます。一時的に使用されていないオーナメント、サンプル、パターンをすべて保存できます。また、テキスト形式は任意のテキストエディターで簡単に編集できます。もちろん、PT3の保存がサイズ制限(65536バイト)のために利用できない場合、テキスト形式は音楽を保存する唯一の機会です 。 ターボサウンドモードでは、モジュールの1つを保存するときに、2番目のモジュールもファイルの最後まで保存されます。 実際、Vortex Tracker IIはZX Spectrum Pro Tracker 3.xxのWin32バージョンです。 最も互換性のあるバージョンは、Alone CoderのPro Tracker v3.6x-3.7x(別名Dima Bystrov)です。 Vortex Tracker IIは、「ProTracker 3.5」モードのPro Tracker v3.5xと完全に互換性があります。 サポートされているすべての形式はPro Tracker 3互換形式に変換されるため、ZX音楽形式は互いに非常に互換性が低いため、一部の情報が失われる可能性があります。変換に関する詳細情報 「トラッカー制限.rus.txt」ファイルを参照してください。 Alone Coder(v3.6以降)の最新のPro Tracker 3バージョンでは、新しい3xxx解釈がサポートされています。 編集中に合計時間と現在の時間位置が計算されます 自動的に(デモメーカー向け)。 注:新しい3xxx解釈は、ASCモジュールインポートの動作も変更します。 このバージョンには次の新機能があります。


2009年2月8日: 1. TADは、最初に未使用またはロードされたサンプルをミュートできることを指摘しています(Toggle Samplesツールでバージョンが表示された後)。一定。

既知の問題 -

readme.rus.txt参照


簡易マニュアル


次のキーが使用されます

パターンエディターキー 04:53, 7 December 2019 (JST)04:53, 7 December 2019 (JST)04:53, 7 December 2019 (JST)Kumokosi (talk) 04:53, 7 December 2019 (JST)

1. 音符セル

1.1. 音符キー:

                          Q 2 W 3 E R 5 T 6 Y 7 U I 9 O 0 P [ = ]   Z S X D C V G B H N J M , L . ; /

  | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |   | C#| D#| | F#| G#| A#| | C#| D#| | F#| G#| A#| | C#| D#| | F#|   C   D   E F   G   A   B C   D   E F   G   A   B C   D   E F   G

したがって、フォルテピアノキーは2オクターブ以上の範囲でエミュレートされます。 -トラック列のノートセルにカーソルがある場合、1〜8のテンキー(NumLockがオンの場合のみ)、(R--)のキー "A"、およびキー "K"(---)を使用します。

1.2。 Shift + NoteKeys-1オクターブ上のノートを入力します。

1.3。 Shift + Ctrl + NoteKeys-1オクターブ下のノートを入力します。

1.4。 A-チャネルコマンドでのサウンドオフ(R--)。

1.5。 K-メモの削除(---)。

1.6。 NumPadで1〜8-現在のオクターブ番号を選択します。 NumPadからの数字の入力中は、NumLockをオンにする必要があります。


2.パターンナビゲーション(カーソルコントロール)

2.1。上、下、左、右-カーソルを4方向に移動します。

2.2。 PageUp、PageDown-カーソルをページの上または下に移動します。

2.3。 Home、End-カーソルを行頭または行末に移動します。

2.4。 Ctrl +右、Ctrl +左-列間をすばやくカーソルを移動します。

2.5。 Ctrl + PageUp、Ctrl + PageDown-カーソルを列の上部または下部に移動します。   2.6。 Ctrl + Home、Ctrl + End-最初の列の一番上または最後の列の一番下に移動します。

2.7。マウスクリック-目的のセルにカーソルを移動します。

2.8。マウスホイール-パターンを上下にスクロールします。


3.パターンのエリア選択

3.1。 Shift +カーソルコントロールキー(i.2。)-パターンの長方形の領域を選択します。

3.2。 NumPadでCtrl + A、Ctrl + 5-すべてのパターンを選択します。

3.3。左ボタンを押したままマウスを移動します。

3.4。 Shift +マウスクリック-カーソルから目的のセルを選択します。

3.5。 Shift +マウスホイール-選択にリセット/追加しません。

4.編集パターンから他のオブジェクトにジャンプします

4.1。タブ-事前に定義された順序で1つのウィンドウコントロールから別のウィンドウコントロールにジャンプします。

4.2。 Shift + Tab-逆の順序で同じ。

4.3。 `(通常はTabキーを使用したバックアポストロフィ)-パターンエディターと位置リストエディターをすばやく切り替えます。


5.削除する

5.1。 BackSpace-現在のトラックラインを削除します(移動中)。                                                           

5.2。 Ctrl + BackSpace、Ctrl + Y-現在のパターン行を削除します(移動しながら)。

5.3。削除-選択範囲の値またはカーソル位置の値を消去します。

5.4。 Ctrl + Delete-パターン行の値をクリアします。

5.5。テンキー/-移動し、パターンのサイズを小さくして各2行目のパターンを削除します。

6.空行の挿入

6.1。挿入-空のトラックラインを挿入します(移動しながら)。

6.2。 Ctrl + I-空のパターン行を挿入します(移動しながら)。

6.3。 Numpad *-古い行の間に空のパターン行を挿入したダブルパターンサイズ。

7.選択の操作

7.1。 Ctrl + C、Ctrl + Insert-選択範囲をクリップボードにコピーします。

7.2。 Ctrl + X、Shift + Delete-選択値の消去と同じです。

7.3。 Ctrl + V、Shift + Insert-クリップボードから挿入(カーソルからまたは選択の左上隅から右および下へ)。選択が定義されている場合、挿入はその境界を超えません。

7.4。 Ctrl + Alt + V-通常のクリップボードからの挿入と同じですが、空でない値を空の値に置き換えません(つまり、マージします)。

7.5。テンキー+およびテンキー--1半音を上下にトランスポーズします。

7.6。 Ctrl +テンキー+およびCtrl +テンキー--1オクターブを上下にトランスポーズします。


8.パターンのパートの再生をテストする

8.1。データ入力中に押されたキー-現在の行を再生します。

8.2。 Enterキーを押します-キーが押されるまで、現在のカーソル位置からパターンを再生します。ループがオンの場合、パターンは周期的に再生され、

9.その他

9.1。 NumPadでは0-自動エンベロープのオン/オフ。

9.2。スペース-自動ステップのオン/オフ。

9.3。 Shift + Backspace-自動ステップがオンの場合は、後方にステップします。 マウスの右ボタンは、いくつかのキーの組み合わせを複製するポップアップメニューを呼び出すことができます(ノートブックのようにNumpadなしでキーボードを使用している場合に便利です)。


共通キー  04:53, 7 December 2019 (JST)04:53, 7 December 2019 (JST)~~

1.再生コントロール

1.1。 F5-現在の位置からモジュールを再生します。

1.2。 F6-最初からモジュールを再生します。

1.3。 F7-現在の行から現在のパターンを再生します。

1.4。 F8-現在のパターンを最初から再生します。

1.5。 Esc-再生を停止し、パターンの編集に進みます。サウンドデバイスの解放にも使用します。

1.6。 Ctrl + L-モジュールおよびパターンループのオン/オフ再生。

1.7。 Ctrl + Alt + L-開いているすべてのモジュールのオン/オフのループ再生。 1つのモジュールのみが開かれている場合、またはパターンが再生されている場合、通常のループとして機能します。

2.サウンドチップエミュレーション

2.1。 Ctrl + Alt + C-チップタイプを切り替えます(AY-3-8910 / 12またはYM2149F)。

2.2。 Ctrl + Alt + A-チャネルの割り当てを切り替えます(モノ、ABC、ACB、BAC、その他はすべて[オプション]ダイアログで選択できます)。


3.編集

3.1。 Ctrl + E-自動エンベロープモードを切り替えて、タイプと現在のノートでエンベロープ期間を自動計算します。

3.2。 Ctrl + R-自動ステップを切り替えます(間隔を編集します)。

3.3。 Ctrl + T-トラックマネージャーダイアログを呼び出します。

3.4。 Ctrl + Alt + T-グローバル転置ダイアログを呼び出します。

4.標準キー

4.1。 Alt + F4-Vortex Tracker IIを閉じます。

4.2。 Ctrl + F4-モジュールでアクティブなウィンドウを閉じます。

4.3。 Ctrl + F6-開いているモジュールの周期的な選択。

4.4。 Ctrl + O-開くダイアログを呼び出します。

4.5。 Ctrl + S-モジュールを保存します。

4.6。 Tab、Shift + Tab-ウィンドウコントロール間の循環ジャンプ(前方と後方 後方)。

4.7。 Alt + BackSpace-最後の変更を元に戻します。

4.8。 Alt + Enter-最後の変更をやり直します。


位置リストエディタキー  04:53, 7 December 2019 (JST)04:53, 7 December 2019 (JST)04:53, 7 December 2019 (JST)04:53, 7 December 2019 (JST)04:53, 7 December 2019 (JST)~~

1. `-パターンエディターへ/からジャンプします。

2.マウスの左、右または左ボタン-位置を選択します(選択した位置の再生中に再生が再開されます)。

3.マウスの右ボタン-位置を選択し、ポップアップメニューを呼び出します。

4. L-ループ位置を設定します。

5. 0から9-選択した位置のパターン番号を入力します。

6. Del-移動とともに位置を削除します。

7. Ins-移動しながら位置を挿入します。 -サンプルエディター: 上、下、左、右、PageUp、PageDown、Home、End、Ctrl + Right、Ctrl + Left、Ctrl + PageUp、Ctrl + PageDown、Ctrl + Home、Ctrl + Endでナビゲーションします。

サンプルの編集の任意の位置:


T-トーンマスクのオン/オフを切り替えます N-ノイズマスクのオン/オフの切り替え M-エンベロープマスクのオン/オフの切り替え Alt +右-現在のサンプル行をサンプル行テンプレートリストに追加Alt +左​​-選択した行をサンプル行テンプレートから現在のサンプル行にコピーします。 「TNE」列: スペース-対応するマスクのオン/オフを切り替えます 「+」および「-」列の場合: スペース-記号を切り替え Shift + '='、 '='、テンキー「+」-記号を「+」に変更 '-'、テンキー '-'-符号を '-'に変更Shift + 6( '^')-対応する列 '^'で蓄積をオンにする Shift + '-'( '_')-対応する列 '_'の蓄積をオフにする 0-9、A-F-16進数を入力します 「^」および「_」列: スペース-オン/オフ累積 Shift + 6( '^')-蓄積を有効にする '^' Shift + '-'( '_')-累積 '_'をオフにする 0-9、A-F-16進数を入力します 最後の列(ボリュームコントロール)では、「+」、「-」、および「_」: スペース-3つのバリエーションを切り替えます Shift + '-'( '_')-サンプル量 '_'を変更しない '-'、テンキー '-'-サンプル量を1つ減らす '-' 「+」、テンキー「+」-サンプル量を1つ増やす「+」 0-9、A-F-16進数を入力します 数字フィールド: 0-9、A-F-16進数を入力します スペース-振幅列の符号を変更-ボリュームコントロール Shift + '='、 '='、テンキー「+」-記号を「+」に変更 「-」、テンキー「-」-記号を「-」に変更 Shift + 6( '^')-蓄積を有効にする '^' Shift + '-'( '_')-累積 '_'をオフにする

数字以外のキーまたはマウスをクリックして、カウンタを入力するリセット番号。 振幅可視化フィールド(「*」記号)を右クリックして、対応する振幅を選択します。 振幅可視化フィールドで右ボタンをクリックしてマウスを動かし、振幅を描画します。 いくつかのサンプルセルを右クリックして、対応する値を切り替えます。 -オーナメントエディター: 上、下、左、右、PageUp、PageDown、Home、End、Ctrl + PageUp、Ctrl + PageDown、 Ctrl + Home、Ctrl + Endでナビゲーション 0-9-入力10進数 スペース-番号記号の切り替え Shift + '='、テンキー「+」-「+」記号を設定 「-」、テンキー「-」-「-」記号を設定 マウスの右クリックを使用して、対応する値の符号を切り替えます。 -サンプルおよびオーナメントのテストフィールドでは、パターンエディタと同じナ


数字以外のキーまたはマウスをクリックして、カウンタを入力するリセット番号。 振幅可視化フィールド(「*」記号)を右クリックして、対応する振幅を選択します。 振幅可視化フィールドで右ボタンをクリックしてマウスを動かし、振幅を描画します。 いくつかのサンプルセルを右クリックして、対応する値を切り替えます。 -オーナメントエディター: 上、下、左、右、PageUp、PageDown、Home、End、Ctrl + PageUp、Ctrl + PageDown、 Ctrl + Home、Ctrl + Endでナビゲーション 0-9-入力10進数 スペース-番号記号の切り替え Shift + '='、テンキー「+」-「+」記号を設定 「-」、テンキー「-」-「-」記号を設定 マウスの右クリックを使用して、対応する値の符号を切り替えます。 -サンプルおよびオーナメントのテストフィールドでは、パターンエディタと同じナビゲーションと編集が可能です。

タイトルと著者の文字列の最大長は32文字です。 パターンウィンドウのハイライトステップは、パターンウィンドウで調整できます。 Autoがオンの場合、ステップはパターンの長さに応じて3,4および5から自動的に選択されます。 VT IIモジュールをZX Spectrum Pro Tracker 3.69x-3.7xにロードできます。 VT IIヘッダーおよび* .pt3ファイル拡張子を持つモジュールをロードできます。 標準のZX Spectrum再生ルーチンによるモジュールの再生では、2(古いプレーヤーの場合は3)未満の曲速度を選択しないでください。そうしないと、VT II組み込みプレーヤーをそのような制限なしで使用できます。 VT IIのモラルサポート作成者には、新しいVortex Tracker IIヘッダーを選択してください。 保存コマンドは、曲の編集を開始した後にのみ使用できます。


ヘッダーの種類 ------------ 現在のバージョンでは、3つのヘッダータイプをPT3ファイルに保存できます。 1) 'Vortex Tracker II 1.0モジュール:' このヘッダーは、モジュールが新しい3xxx解釈を含むすべてのVT II機能を含むことができることを意味します。ただし、モジュールは古いPT3プレーヤーでプレイできますが、 ほとんどの場合の問題。 2)「ProTracker 3.6のコンパイル」 このヘッダーは、以前のものと同じ能力を意味します。古いヘッダースタイルを必要とする一部のプレーヤーに必要です。 3)「ProTracker 3.7のコンパイル」 PT 3.6の機能に加えて、モジュールにはglissandoコマンド1.xxおよび2.xx(timedelta = 0)を含めることができます。この場合、グリッサンドは通常どおり動作せず、代わりにxxダウンまたはアップによって変化するシングルトーン周波数が実行されます。 4)「ProTracker 3.5の編集」 このヘッダーは、古い3xxxコマンドでモジュールを再生する必要があることを意味します 解釈および1.xxおよび2.xxの特殊コマンドは無視する必要があります。

AutoStepを使用 -------------- トラックの編集中に、自動スクロールのステップを設定できます。最も典型的な操作の後に機能します:ノート、サンプル、数字の入力、行の挿入/削除/クリアなど。トラックは、自動スクロール(正のステップ)および下(負のステップ)にスクロールできます。オートステップオプションを高速に切り替えるには、スペースまたはCtrl + Rを使用します。 この機能は、指定されたステップでクリップボードから同じデータを挿入したり、パターンサイズを高速で2倍に変更(増加と減少の両方)するなどの異常なタスクに使用できます。最後のケースでは、stepを2または1に設定し、Ctrl + IまたはCtrl + BackSpaceを数回使用します(最後に、ポップアップメニューのCompress / Expandコマンドを使用してください)。 AutoStepがオンになっていることをユーザーが覚えていない場合があるため、Shift + Backspaceを押して後方にステップ実行できます。

ターボサウンドモード ---------------- 90年代の終わりから、一部の人々はZX Spectrumへの2つのサウンドチップ接続の標準を普及させようとしました。既知のスキームはQuadro-AY、Turbo-AY、Turbo-Soundです。これを使用する方法の1つは、2つの異なるモジュールを同時に再生することです(それぞれ独自のチップを使用)。 Vortex Tracker IIでは、開いている2つのモジュールを同時に再生できます。アクティブなウィンドウモジュールは最初のサウンドチップから鳴り、開いているモジュールのリストで2番目のチップからモジュールが選択されます(モジュールウィンドウの対応するボタンを押して呼び出しリスト)。デフォルトでは、2番目のチップはオフです(「2番目のサウンドチップは無効です」ボタンのラベルが表示されます)。 より使いやすくするために、VT IIは再生モードとトラック編集モード(カーソル位置を含む)の両方で2つのモジュールのトラックを同期し、トラックエディターカーソルの右または左の位置に到達した後、TSペアモジュールの保存中に2番目のウィンドウをアクティブにします。結果ファイルの終わり、TSモジュールのロード中(PT v3.6 +からの特別な形式を含む)は、TSペアを作成し、それを垂直に並べます(2つのウィンドウのみが開かれる場合)。 ZXでのプレイ例は、ZX-magazine InfoGuide#8にあります。 TSモードでZXにエクスポートする際、ZX Spectrum用の特別なTSプレーヤーを使用しました。


スペシャルコマンド

Pro Tracker 3では、チャネルトラックの行ごとに1つの追加コマンドのみを使用できます。ただし、PT3形式では任意の数のコマンドを使用でき、使用できます。 Vortex Tracker IIの将来のバージョン。

コマンド番号1。

チャンネルで減少する音の周波数。 「遅延」パラメータは、周波数更新の周期(割り込み単位)を決定し、「Pp」パラメータは、 各更新(AYトーンレジスタの単位)。

コマンド番号2。

チャンネルで増加する音の周波数。コマンド1のように機能します。 1および2コマンドの他の名前は、「トーングリス」および「トーンスライド」などです。 (グリッサンド、グリッサード)。 PT 3.7標準では、Delay = 0で1つと2つのjnmmmmm Mkfkmnvhsf₣ghk.m.mnn特別なコマンドを使用できます。この場合 グリッサンドの代わりに、「Pp」値の上下によって変化する単一トーン周波数のみが発生します。


コマンド番号3。

3コマンドの他の名前は「トーンポルタメント」です。前の音の周波数から、現在の行に設定されている音の周波数までスライドします。あるノートから別のノートに簡単に移行できます。これはコマンドの主な意味であり、他のすべての機能は文書化されていません。標準のZX Spectrumコンパイルモジュールプレーヤー(PT3.5x以前のもの)にはエラーがあります。異なるパターンのノート間をスライドさせようとすると、エラーが見つかります。とにかく、Pro Tracker 3エディター、Vortex Tracker II、新しいVT II ZX Spectrumプレーヤー、Ay_Emulは、この状況を正しく処理します。また、PT3.6xプレイヤーはポルタメントの再生にもエラーがあるため、VT II ZX PT3プレイヤーのみを使用してください。コマンドパラメータは、コマンド1および2と同じです。 Vortex Tracker IIおよびPro Tracker 3.6以降では、以下のような状況で別の3xxxコマンド解釈を使用できます。

D-5 1F.F ....           --- .... 11.1           D-5 .... 31.1


さらに、Vortex Tracker IIとそのすべてのプレーヤーは、次ののようなことを実行できます。

D-5 1F.F ....           --- .... 11.1           --- .... 31.1


エディターの違いを聞いて、アイデアを理解してください。新しい3xxx解釈はPT 3.5以前と互換性がなく、通常どおり再生されます。 Alone CoderのPro Tracker 3.6xは、新しい3xxxスタイルを部分的にサポートしています。 3つのトーンスライディングコマンドはすべて、「1 ...」などのコマンドで停止できます。また、音符またはサウンドオフコマンド(R--)を設定することにより、スライドを停止できます。すべてのトーンのスライドコマンドは、コマンド6の動作を停止します(以前の場合)。

コマンド番号4。

位置「Pp」からサンプルの再生を開始します。ノートの設定中、サンプルはゼロ位置から再生を開始します(つまり、開始位置から)。コマンド4を使用すると、任意の場所からサンプルの再生を開始できます。

コマンド番号5。

コマンド4と同様に機能しますが、装飾用です。


コマンド番号6。

チャンネルの定期的な音のオン/オフ。 「P」パラメーターは、サウンドがオンのとき(1からF)の割り込みの数を定義し、「p」パラメーターは、サウンドがオフのとき(1からF)の割り込みの数を定義します。コマンド6は、トーンのスライドを停止します(以前の場合)。 「P」パラメータがゼロの場合、コマンド6には効果がありませんが、トーンスライディングターミネータとして使用できます(コマンド1〜3)。 「p」パラメータがゼロの場合、コマンドは「P」が中断した後にサウンドをオフにします。

コマンド番号9。

エンベロープ周波数の減少(スライド)。パラメーターはコマンド1と同じです。

コマンド番号A

エンベロープ周波数の増加(スライド)。パラメーターはコマンド2と同じです。 9およびAコマンドの「Pp」パラメーターは、AYのエンベロープ周期単位で定義されます。エンベロープのスライドを停止するには、「9 ...」などのコマンドを使用するか、任意のチャネルで新しいエンベロープコマンドを設定します。

コマンド番号B

再生速度を設定します(「Pp」パラメーター)。もちろん、任意の速度を設定できますが、標準のPT 3.5プレーヤーでZX Spectrumでモジュールを再生する場合は、 3 FFの範囲のみ(バージョン3.5以下の標準PTプレーヤーは、速度3より速く再生できません)。 Alone Coderの新しいプレーヤー(3.6以降)では、スピード2が可能です。任意のエディター、VT II ZXおよびAtari STプレーヤー、およびAy_Emulでは、範囲1〜FFで任意のテンポを使用できます。


サンプルは、時間内に鳴る音を定義しています。パターンと同様に、サンプルはパラメーターを含む行の全体です。ラインは割り込み周波数(約50 Hz)で再生されます。サンプルの最大長は64行です。サンプルは常にPT3でループされます。 「Vortex Tracker II」の行では、特別なコマンド4(サンプルオフセット)のパラメーターとして「変換なしで」使用するために、16進表記で番号が付けられています。サンプルの1行を見てみましょう。


Sample line structure

            1F|tne +000_ +00(00)_ F_ ***************

            11 234 56667 899 AA B CD EEEEEEEEEEEEEEE


列番号「11」は行番号に使用されます。この番号をのパラメータとして使用します 特別なコマンド4(必要な場合)。

列「2」にはトーンマスクが含まれています。 「T」はトーン音が許可されていることを意味し、「t」はトーン音がこの行では許可されていないことを意味します。

列「3」にはノイズマスクが含まれています。 「N」はノイズ音が許可されていることを意味し、「n」はノイズ音がこの行では許可されていないことを意味します。

列「4」にはエンベロープマスクが含まれています。 「E」はエンベロープ音が許可されることを意味し、「e」はエンベロープ音声がこの行では許可されないことを意味します。

列「5」には、ベース値からのトーン偏差のサインが含まれています。

列 '666'には、トーン偏差の値が16進数形式で含まれています。そのため、ベース値からのトーン偏差の範囲は-FFF .. + FFFです。トーンレジスタはAYで12ビットサイズであるため、これで十分です。

列「7」には、トーン偏差の累積のマーカーが含まれています。 「^」は、蓄積がオンであることを意味し、「_」は、蓄積がオフであることを意味します。

フィールド「56667」は、トーン偏差を管理するための構造です。ベーストーン値は、チャンネルの1つのパターンのノート設定によって定義されます(対応する値-ノートテーブルから)。累積がオフの場合、サンプルはベースを変更しませんが、「ベーストーン値+サンプルからの偏差(「5666」フィールド))の値はAYトーンレジスタに書き込まれます。累積がオンの場合(列「7」の「^」)、ベース値は「5666」単位で変更されます。ベースの変更は、偏差の累積に等しくなります。例えば、「56667」フィールドの値がどのようにトーン周期で使用されるかを見てみましょう。C-4音符の計算(音符表#2では1A2です):


56667 Base Tone     Comment            register            value +000_ 1A2  1A2      +001_ 1A2  1A3      Base is not changed, but frequency is another +000_ 1A2  1A2      Back to C-4 note frequency +002^ 1A4  1A4      Frequency and base both are changed +002^ 1A6  1A6 -004_ 1A6  1A2      Frequency back to C-4, but base is still offset -004^ 1A2  1A2      Back base and frequency to initial C-4 note


ご覧のように、トーンの蓄積により、右ループを使用して、トーンをスライドさせることができます。たとえば、次の行をループする場合:


00|Tne +100^ +00(00)_ F- ***************


ドラムのような音が聞こえます(サンプルラインは1つだけです!)。

列「8」には、ノイズ/エンベロープ偏差記号が含まれています。

列 '99'には、ベース値からの16進数のノイズ/エンベロープ周波数偏差が含まれています。 列 'AA'には、'99 '列値の絶対(符号なし)ビューが含まれています。

列「B」には、ノイズのマーク/偏差のエンベロープ累積(トーンなど)が含まれます。


フィールド「899 AA B」は、ベース値からのノイズ/エンベロープ周波数の偏差を管理するための構造です。ノイズマスクがオン( 'N')の場合はノイズを管理し、他のすべての場合はエンベロープを管理します(エンベロープマスクがオフの場合でも)。トーン管理のように機能します。偏差の範囲は-10 .. + 0Fです。ノイズについては十分ですが、エンベロープについてはそうではありません。エンベロープにさらに偏差が必要な場合は、異なるチャネルで複数のサンプルを同時に使用できます(エンベロープの偏差はすべて合計されます)。 ノイズを管理するために、ノイズレジスタの絶対値が必要になる場合があります。この場合、「AA」フィールドでは、「99」フィールドの絶対表現(5ビット値00..1F)を表示および編集できます。 残念ながら、Pro Tracker 3のエンベロープ周波数の累積はバイト値で実現されるため、最大エンベロープ偏差は-128 .. + 127の境界を超えることはできません。つまり、サンプルでは9とAの特別なコマンドの完全なアナログを実行できないということです。

フィールド「C」には、このサンプルラインの絶対振幅値が含まれます。

フィールド「D」には、サンプル量を1つ増やす(「+」)、サンプル量を1つ減らす(「-」)、または「_」の記号を含めることができます。

フィールド「E」には、「C」フィールドのグラフィカルな表現が含まれます(「*」の数は「C」フィールドの値と同じです)。


「C」フィールドの値は、サンプル量の追加後にAY振幅レジスタに送られます。現在のサンプル量は相対的であり、サンプルが作業を開始した後は+0に等しくなります。 「D」フィールドのコマンドは、サンプル量を増減できます。したがって、-15サンプルボリュームはトーンの音を完全に減衰させ、+ 15は任意の「C」フィールド値の振幅を最大に設定します。次の行をループすると、14の割り込み(スタッカートなど)の後に音が静かになります。

00|Tne +000_ +00(00)_ F- ***************

さらに、AYの最初の振幅は15ではなく14になります。これは、サンプル量の減少がサンプルの最初の行から始まるためです(注意してください)。 次の行をループすると、14の割り込み後に音が大きくなります。同じ原因で、増加は0ではなく1から始まります。

00 | Tne + 000_ +00(00)_ 0+

静かにするために、1行ではなく複数行をループします。例えば:


00|Tne +000_ +00(00)_ F_ *************** 01|Tne +000_ +00(00)_ F_ *************** 02|Tne +000_ +00(00)_ F_ *************** 03|Tne +000_ +00(00)_ F- ***************

最初の例の4倍の速度で静かになります。 サンプルのループ部分は、Vortex Tracker IIで背景色でマークされます。

ループ部分の後はすべてサンプルではないため、サンプル終了後に特別なコマンド4(サンプルオフセット)でオフセットを使用しないでください。



オーナメント。


オーナメントは、符号付き整数のシーケンスです。各数値は、ハーフトーン(セミトーン)のベースからのノート周波数の偏差を決定します。サンプルとして、オーナメントは割り込み頻度で再生されます。オーナメントは、対数トーンのスライドを整理するための1つの方法にすぎませんが、非常に大きなステップ(ハーフトーン)があります。通常、オーナメントはコードの模倣に使用されますが、その主な意味は名前(音楽用語)に対応しています。 Pro Tracker 3.6xで新しい標準が定義され、Vortex Tracker IIでサポートされるようになりました。オーナメントの負の値をトラックノートに追加した後、結果ノートがC-1未満の場合、C-1になります。だから、あなたは大きなを使うことができます 任意の指定からC-1音を作成するためのオーナメントの負の値(たとえば、-96)。対応するサンプルで使用して、ノートに依存しないドラムを作成できます。アイデアを理解するには、SNA + .pt3モジュールを参照してください。

サンプルのように、オーナメントのループ部分の後に、特別なコマンド5でオフセット(オーナメントオフセット)を使用しないでください。


メモ表。


Pro Tracker 3では4つのノートテーブルが使用されます(0〜3の番号)。 テーブル番号0は面白くない。 表#1は、ほとんどのZX Spectrumサウンドエディター(標準tableAY周波数1,7734 MHz)の従来の表ですが、PT3では1トーン低くオフセットされています(つまり、A#1のようにタイプされたC-2の音)。注B-2(A-2のように聞こえる必要があります)の誤り。 表#2は、xUSSR AY周波数標準に使用されます(1750000 Hzスケールに理想的に近い)。 テーブル#3は、テーブル#0を1ハーフトーン下にシフトしたもので、あまり興味深いものではありません。 異なるPro Tracker 3バージョンのテーブルは同一ではありません(最も異なるものはテーブル#2です)。表1はユニークなもので、すべてのPro Tracker 3バージョンで同じです。また、ExcelでToneTables.csvファイルを確認できます。


This text author.


All comments and wishes send to Sergey Bulba at address vorobey@mail.khstu.ru.

(c)2002-2007 S.V.Bulba




「ファイル」->「オプション...」メニュー ---------------------- 「新しいウィンドウ」タブシート ここで、トラックを含む新しいウィンドウの表示を調整できます。数を選択できます トラックの行(3から64)およびフォントを選択しますCourier、Courier New、FixedSysなどのモノ幅フォントのみを選択してください。そうしないと、トラックがゴミ箱になってしまいます。 「Windows」タブシート 「チャンネル割り当て」では、パターンエディターで視覚的なチャンネル割り当てを設定できます。 「トラックの色」では、トラックエディター要素の色を選択できます。 すべての「Windows」タブシート設定は、すでに開いているウィンドウに適用されます。 「チップエミュレーション」タブシート チップタイプ、チップと割り込み周波数、可聴チャネルの割り当て、およびエミュレーションアルゴリズムのいずれかを選択します。タブシートの右下に時間が表示された後、一部の変更を聞くことができます。一部のミュージシャンはトリックを使用しています。 「品質」モードでのみ正しくエミュレートされます。それらのいくつかは、フィルターでのみ正しくエミュレートできます(デフォルトでチェックされています)。もちろん、高品質にはより多くのプロセッサ時間が必要です。したがって、システムが安定したサウンドを生成できない場合は、「Wave out」タブシートでエミュレーション品質を下げるか、ビットレートまたはサンプルレートを下げます。 Turbo-Sound(Turbo-AY)モードでは、両方のチップに同じ設定を使用していました。



「互換性」タブシート これらはグローバルな互換性オプションです。現在のモジュールのみを調整する必要がある場合は、そのウィンドウの対応するタブシートを参照してください。  機能レベル  -Pro Tracker 3.5-3xxxコマンドの古い動作。また、古いPT3プレーヤーで遊ぶためにASCモジュールがインポートされます。  -Vortex Tracker II(PT 3.6)-新しい3xxxコマンドの解釈。再生とASCモジュールのインポートに影響します。  -プロトラッカー3.7-1.xxおよび2.xxの特別なコマンドを使用できます。  -検出を試行-VTがそれを検出できるようにします。 PT3の場合、ヘッダー分析が使用されます(上記のルールを参照)。 PT2の場合は「Pro Tracker 3.5」が使用されます。その他すべての場合-「Vortex Tracker II(PT 3.6)」。  ヘッダー付きで保存  VT IIにヘッダータイプの1つを保存することをお勧めします。とにかく、VT IIは既知のルールを使用します(「ヘッダータイプ」を参照)。 「Wave out」タブシート これはウェーブオプションのサウンドオプションです。再生中はすべてのオプションを使用できません。再生を停止するには、シートの対応するボタンを押します。  サンプルレート   サンプル頻度、より多くの品質のためのより多くの値、しかしそれはより多くのシステムリソースを必要とします。一部のサウンドカードは44100および48000 Hzをサポートしていないため、エラーメッセージが表示される場合があります(または音質が低下します)。  ビットレート   サンプルサイズ、品質を高めるための価値。  チャンネル   モノラルまたはステレオ。  ウェーブアウトデバイス   デフォルトとして「Wave mapper」。完全なデバイスリストを取得するには、[完全なリストを取得]ボタンを押します。


ウェーブアウトデバイス   デフォルトとして「Wave mapper」。完全なデバイスリストを取得するには、[完全なリストを取得]ボタンを押します。  バッファ   バッファサイズとバッファ数。システムに最適な値を見つけてください。   迅速な反応のための小さいバッファーサイズ。安定した音のためのより多くのバッファ。バッファの合計長は、グループのローサイドで計算されます。私のシステムは、5 msの長さの6つのバッファーでも安定したサウンドを持っています。 「その他」タブシート  アプリケーションの優先順位   通常または高優先度を選択します。高優先度は、Windows 9x / Meシステムのバックグラウンドで安定したサウンドを得るための唯一の方法です。


トラックマネージャー ------------- 呼び出すには、Ctrl + Tを押すか、対応する[編集]メニューオプションを選択します。任意のパターンの任意の部分を任意のパターンの任意の場所にコピーできます。 ロケーション1およびロケーション2グループで、パターン番号、最初の行番号、およびチャネル番号を調整します。エリアグループで行数を設定し、必要に応じてノイズとエンベロープトラックを確認します。 ある場所を別の場所にコピーするには、コピーグループの対応するボタンを押すだけです。 また、場所を移動または交換できます(グループの移動と交換を参照)。 また、任意の位置を希望する半音数に移調できます(移調グループを参照)。アップの場合は正の値、ダウンの場合は負の値。 Envelope track(Area group)をチェックすると、それもトランスポーズされます。 グローバル転置 -------------------- 呼び出すには、Ctrl + Alt + Tを押すか、対応する[編集]メニューオプションを選択します。モジュール全体または選択したパターンの1つまたは複数のトラックをトランスポーズできます。このダイアログにより、トラックマネージャーの複数の使用を回避できます。トラックマネージャーと同じように調整して使用します。


メニューファイル->保存およびファイル->名前を付けて保存... -------------------------------------- 表示される保存ダイアログで、ドロップダウンリストでモジュールを保存するためのファイルタイプを選択します。 作業テキスト形式(TXT)または最終編集用のPro Tracker 3(PT3)のいずれか。 PT3形式の保存中に、VT IIは使用されていないサンプル、装飾、パターンをすべて削除します。 メニューファイル->エクスポート-> SNDHに保存(Atari ST) -------------------------------------------- Atari STで再生するためにSNDH形式で保存します(またはAtari STのSNDHプレーヤーおよびエミュレーターで)。 SNDHで使用されるユニバーサルMC68000プレーヤーがあり、すべてをサポートします ノートおよびボリュームテーブル(PT 3.3以降)、PT3モジュールバージョンは初期化中に分析されます。プレーヤーはAy_Emulプロシージャに基づいており、ボリュームとノートテーブルはIvan Roshinの方法でパックされています。 SNDHはPACKICEによってパックされません このバージョン。プレーヤーのサイズは約9 Kbです。開始アドレスは固定されていません。 「作成年」プロンプトを保存する前に、不要な場合は無視できます。 メニューファイル->エクスポート-> ZX Spectrumプレーヤーで保存 ------------------------------------------------- ZX Spectrumプレーヤーで保存します。サポートされている形式:プレーヤー($ c)付きのHOBETA、 プレーヤーなしのHOBETA($ m)、EMULサブタイプの.AY、SCLおよびTAP。 .AY形式ではない 0アドレスを使用できます。プレーヤーを調整できます。モジュールのループを無効にできます。「ループを無効にする」をチェックしてください。 SCLおよびTAP形式では、プレーヤーとモジュール 両方とも別々に(2つの異なるファイルに)保存されます。プレーヤーとモジュールの間の変数領域は保存されないため、HOBETAよりも優れています。プレーヤーの機能と手順はZXPlayer.txtファイルにあります。プレーヤーのソーステキストは、VTIIソースを含むアーカイブ、およびhttp://bulba.untergrund.net/にあります。


Thanks to


- Roman Scherbakov (a.k.a. V_Soft) for idea and picture. - Konstantin Yeliseyev (a.k.a. Hacker KAY) for AY and YM level tables. - Dmitry Bystrov (a.k.a. Alone Coder) for information about Pro Tracker 3.xx. - Roman Petrov (a.k.a. Megus) for ideas about ideal AY tracker. - Macros for testing, test files, wishes about interface and for support. - Shiru Otaku for plug-in, testing, wishes and bug-reports. - Polaris for wishes and test modules. - Black Groove (a.k.a. Key-Jee) for bug-reports, wishes and test modules. - Ilya Abrosimov (a.k.a. EA) for bug-reports and wishes. - Pavel A. Sukhodolsky for help and formats discussion. - Asi for bugreports and wishes. - Denis Seleznev for icon pictures. - Spectre for help in debugging and wishes about ZX PT3-player. - Ivan Roshin for help in writing new ZX PT3-player. - Jecktor for adapting PT3-player sources to XAS. - HalfElf for using in xLook Far Manager plug-in. - Karbofos for testing, suggestions and test modules. - Ch41ns4w for wishes about TS-mode and about design. - Znahar for another branch of VT II with good ideas. - TAD for suggestions, bug-reports and test modules. - MMCM for suggestions.

Thanks to musicians using VT II: Shiru Otaku Key-Jee EA Alone Coder Siril z00m Asi Rolemusic Karbofos Kyv Ch41ns4w Ryurik Gibson TAD Znahar Nik-O Orson Lee du-Caine aka dC Audio 4Mat Voxel and you ;)


分布


Vortex Tracker IIは無料のプログラムです。オリジナルの配布には2種類あります。 バイナリ(ドキュメント付きのVT.exe)およびソース(Delphi 7プロジェクトとしてのソースファイル) ドキュメント付き)。ソースを自由に使用および配布できます。プロジェクトのどこかで、ソースのすべてまたは一部、および(または)私のアルゴリズムを含めてください。 セルゲイ・ブルバ